私がこれまで経験した脱毛方法とその効果

私の脱毛経験は小学生の頃から始まりました。

小学3~4年頃からすでに私は他人より毛深い事に気づき、とても恥ずかしく思っていたのを覚えています。

脱毛の手段として行ったことは…

1・カミソリで剃る。

2・毛抜きで抜く。

3・家庭用の小型横浜の脱毛機器の購入。

4・エステで行う針を刺しての脱毛。

母親曰く、年を取ってくれば自然とムダ毛も薄くなるから何もする必要なし。

年を重ね中年の域に達してそれは確かに真実でしたが若い年頃だからこそムダ毛を気にするので年取るまで待ってなんかいられないよ、と地道な努力を続けてきました。

おばさんと呼ばれる年代になって腕や脇の下の毛は殆ど気にならないほど薄くなりましたが足のムダ毛は少なくはなったものの未だに太く黒い毛が生えてきます。

経験上、小型脱毛機器、エステでの針刺し横浜の脱毛は効果は実際にはあったので良かったですけどね(でも涙が出るほど痛かった)。

現在はレーザー脱毛が主流となりこれを経験した友人からかなり効果があったとの報告がありましたのでとても気になっています。

ただメラニン色素を沈着している部位にレーザーを当てるとこれも結構痛いとか。

なかでも男性の場合ひげの脱毛がほとんどなのですが、他の部位に比べてひげは痛みがあるようで、クリニックで麻酔を使用しながらの脱毛がオススメらしいです。
(詳しくはヒゲのゴリラ脱毛のQ&Aページをどうぞ)

男性が脱毛?と思う人もいるかもしれませんが昔に比べて男性もムダ毛に対する意識が強くなってきていますからね、小奇麗にするのはいいことだと思います。

男性に負けないよう、ムダ毛に限らす常日頃のお手入れはきちんとしておこうと思います。